共同募金
 平成30年度「赤い羽根共同募金」、「歳末たすけあい募金」にご協力をお願いします。
 10月1日から「赤い羽根共同募金」運動が、全国で一斉に展開されています。また12月1日からは「歳末たすけあい募金」が実施されます
 「赤い羽根共同募金」は、地域の福祉活動、社会福祉団体団体や社会福祉施設の整備事業、子ども・お年寄り・障がいのある方などの支援事業に配分され活用されます。
 「歳末たすけあい募金」は、かほく市民の支援や援助が必要されている家庭、施設入通所の方、障がいがある人や子どもたちのために役立てられています。
 皆さまのあたたかい善意、ご協力をお願いします。


共同募金とは・・・

 石川県では、社会福祉法によって設置された民間団体である「社会福祉法人石川県共同募金会」 が、社会福祉事業のために行っている募金運動です。
 共同募金には、「赤い羽根共同募金」と「歳末たすけあい募金」があります。
詳しくは中央共同募金会ホームページ

赤い羽根共同募金

 募金期間:毎年10月1日〜12月31日
 社会福祉施設やさまざまな福祉活動を行う福祉団体やボランティア団体などに配分され、活用されます。

歳末たすけあい募金

 募金期間:毎年12月1日〜12月31日
 支援を必要とする人々が地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな福祉事業を支援するために活用されます。
 歳末たすけあいは、「地域歳末たすけあい募金」と「NHK歳末たすけあい募金」という2つの募金方法から成り立っています。「社協」は「地域歳末たすけあい募金」運動の中心的推進団体の1つです。

税制上の優遇措置

 募金いただいたお金は税制上、次のような優遇措置があります。
個人の場合:所得税に係る「寄付金控除の対象」です。
法人の場合:「一般の寄付金と別枠で損金に算入」できます。
相続や遺贈による財産を募金いただいた場合、その分は「相続税の対象外」になります。

募金と配分状況

平成29年度の募金額と配分額をご報告します。

赤い羽根共同募金

募金内容 募金額(円)
地区別募金 1753,800
募金箱など 119,492
募金計 1,873,292
配分内容 配分額(円)
県内施設等配分(福祉活動費として配分) 448,000
災害準備金(災害発生時ボランティア活動費の積立として) 172,000
かほく市内配分(福祉活動費として配分) 1,243,292
事務経費(運動資材購入・郵便料など) 10,000
配分計 1,873,292
※平成29年度に寄せられた赤い羽根共同募金は、平成30年度に県内・市内の地域福祉事業のために使われています。

歳末たすけあい募金

募金内容 募金額(円)
地区別募金 4,478,722
募金箱など 51,651
募金計 4,530,373


(障がい者就労支援事業所創楽での歳末レクリエーション用具贈呈式の様子)
<<平成29年歳末たすけあい助成事業>>
市内の福祉施設を利用されている方々の生きがいづくりや利用者同士の交流を目的として、各施設からの申請希望のあったレクリエーション用具を贈呈しました。

配分内容 配分額(円)
要援護世帯 235,000
要介護世帯(介4・5認定者) 315,000
特別児童扶養手当受給者 235,000
施設等入所・通所者 2,230,000
地域福祉・在宅福祉サービス事業 1,240,373
事務諸費など(県内・市内活動の運動資材購入・郵便料など) 275,000
配分計 4,530,373